美容健康ビジネスマーケティングのノウハウが凝縮!薬機法や景表法など各種法令、医薬部外品や機能性表示食品などの商品カテゴリなど目的に合わせて選べる豊富なラインナップ

【PDF版】血行促進・疲労回復アイテムのノウハウ<2023年版>

  • このテキストでは「家庭用遠赤外線血行促進用衣」に関する規制を説明した上で「到底無理」を打破するにはどうしたらよいかをレク チャーしています。

    10,000円(税込)

    定価 10,000円(税込)

  • 購入数

概要


  1. A社の疲労回復パジャマは、温熱用パックとしてクラス軌緡典ヾ鐡佻燭靴独莽回復や血行促進を訴求するという手法で世間を「アッ」と言わせました。
    しかし、その後「温熱パック」を転用しているのではないかという疑問が生じ、結局この手法は「終息」することになり、代わって「家庭用遠赤外線血行促進用衣」という新しい医療機器カテゴリーが誕生しました。ただ、これはクラス気砲發かわらず要求水準が高く、正面から攻めたのでは「到底無理」という状況です。

  2. そこで、このテキストでは「家庭用遠赤外線血行促進用衣」に関する規制を説明した上で「到底無理」を打破するにはどうしたらよいかをレクチャーしています。

  3. また、A社の「終息」を示した令和4年12月14日通知と同日に発出された「血行促進」に関する令和4年12月14日通知では「着用」と言えるもので、遠赤外線ないし自己の体温で「血行促進」が図れるものは医療機器登録しなくても「血行促進」をうたってよいと、不思議な規制緩和が示されています。

  4. さらにHAPI(日本ホームヘルス機器協会)には「健康増進機器」という医療機器の一歩手前のような認定制度がありますが、「温熱用パック」の転用を実践されていたB社が「家庭用遠赤外線血行促進用衣」の対象(これは上腕部ないし、大腿部を包み込む衣類)とはならない遠赤外線を放射する「マットレス」に関し、この認定を取得し、「疲労からのリカバリー」が言えるようになっています。

  5. 今後は遠赤外線商品に関し

    「上腕部ないし大腿部を包み込む衣類」は「家庭用遠赤外線血行促進用衣」で「血行促進・疲労回復・コリ緩和」を訴求し、

    ◆´,砲漏催しないが「着用」と言えるものには令和4年12月14日通 知に基づき「血行促進」を訴求し、

    ➂ 「着用」とも言えないマットレスのようなものは「健康増進機器」制度により「疲労回復からのリカバリー」を訴求する

    というマーケティングが注目されます。


項目


はじめに

Part1. 全体像
  . 温熱パックの転用禁止
  . 家庭用遠赤外線血行促進用衣
  . 遠赤外線を輻射する衣類等
  . まとめ

Part2. 家庭用遠赤外線血行促進用衣
  . 自主基準
  . ポイント解説

Part3. 健康増進機器
  . 健康増進機器とは
  . A.A.THミドルクロス(オンヨネ社)


本書のレイアウト


本書はダウンロード方式【PDF版】となります。



発刊日


2023年3月25日



販売


価格: 10,000円。 ※3回のメール質問権付
お支払い方法: 振込みあるいはカード決済

この商品を買った人はこの商品も買っています

法令別で探す

対象商品カテゴリで探す

目的別で探す

おすすめ商品

新着商品