美容健康ビジネスマーケティングのノウハウが凝縮!薬機法や景表法など各種法令、医薬部外品や機能性表示食品などの商品カテゴリなど目的に合わせて選べる豊富なラインナップ

【バインダー版】薬事を超える成分広告・技術広告・素材広告は どこまで可能なのか? <2024年版>(※送料がかかります)

  • 購入数
この商品は【バインダー版】です。
【PDF版】のご購入はこちら

概要


1.2022年に「薬事を超える成分広告・技術広告・素材広告はどこまで可能なのか?」を有料レポート#23としてローンチしたところ大変好評だったので、内容を追加し新たにテキスト「薬事を超える成分広告・技術広告・素材広告はどこまで可能なのか?」としてローンチすることにした。

2.2023年に追加した内容の主要点は以下のとおり。

(1)消費者庁R4.12.5「健康食品に関する景品表示法及び健康増進法上の留意事項」を盛り込む
(2)アロエステール事件を追加
(3)山田養蜂場措置命令事件を追加
(4)「インスタ」以外に「TiKTok」「Twitter」「LINE」「オウンドメディア」を追加
(5)「インスタ」にケーススタディを追加
(6)素材広告・技術広告のソリューションを追加
(7)除菌広告を追加

3.2024年版で追加の主要点は以下のとおり
(1)「アルファルナ」「ALFE」「セサミン」の事例を追加
(2)インスタマーケティングのパターンを大幅に拡充
(3)ステマ規制にも言及

4.薬事法をクリアーできる成分広告・素材広告・技術広告に対するニーズは高い。
他に類を見ない本書が少しでもみなさまのニーズに応えられていれば幸いである

※現在「薬事法」は「薬機法」に改称していますが、本書では「薬事法」と表記しています。

2024年1月

項目



第1部 成分広告・技術広告・素材広告、基本的な考え方

はしがき

Part 1. 原理
 I. 現状
 II. 薬事法の広告要件と該当性
 III. 商品広告との距離と判断基準

Part 2. 具体例\分広告が先行する場合
 I. 研究会方式
 II. リンク・リタゲ活用(カルピス方式)
 III. 検索誘導
 IV. HP2コンテンツ方式
 V. ロゴリング方式
 VI. オウンドメディア方式
 VII. 資料広告方式
 VIII. プレスリリース
  1. 原則OK
  2. 例外NG(PRTIMES)
  3. 例外の例外
 IX. 頭の中でつなげる(別日放送)
 X. 成分サイト ➡ POPUP方式
 XI. 健康雑誌方式
 XII. インスタ・TikTok・Twitter・LINE・ユーチューブ・検索画面・オウンドメディア
  1. インスタ
  2. TikTok
  3. Twitter(現X)
  4. LINE
  5. ユーチューブ
  6. 検索画面
  7. オウンドメディア
  8. ケーススタディ
 まとめ

Part 3. 具体例⊂ι聞告が先行する場合
 I. DM方式(紙)
 II. メルマガ方式(WEB)
 III. ケーススタディ

Part 4. 景表法
 I. 景表法の考え方
 II. 成分広告方式が景表法違反とされた例
 III. 除菌(コロナ関連)訴求の考え方
  1. プレスリリース
  2. 成分広告

第2部 技術広告・素材広告

 I. 現状
 II. 考え方
 III. 雑品と空間除菌
  1. 薬事法のルール
  2. 次に考えるべきこと
  3. 商品広告で行く場合の「空間除菌」の訴求の仕方
 IV. ケーススタディ
  1. 次の例を考えてみよう
  2. ソリューションは商品と効能を離すこと
  3. 方向性 商品部分を変える
  4. 方向性 効能部分を変える

全94ページ


発刊日


2024年2月5日


販売


価格:33,000円(税込) ※3回のメール質問権付
送料:全国一律1,000円
お支払い方法:振込みあるいはカード決済

法令別で探す

対象商品カテゴリで探す

目的別で探す

おすすめ商品

新着商品